前へ
次へ

駐車スペースの外構工事を考える

外構工事とはいっても、屋根や外壁、駐車スペースのみならず、庭まで工事範囲とする施工業者も増えています。また、工事とはいうものの、デザイン性のある植栽まで請け負うケースもありますし、芝刈りまで行い造庭という工事まで行われています。中でも、マイホームを建ててから駐車スペースを気にかける家庭も少なくありません。それこそ、中古物件を取得したのなら、リフォームしたい方もいるでしょう。機能性を重視したいのが駐車スペースなのです。外構工事とはいっても、コンクリートやタイルで作る場合もあれば、カーポートやゲートなどの車を保護したいための設備を作るパターンがあります。カーポートは、簡易的な車庫で、雨や雪から車を守ることができるため、車マニアならば外構工事を考えたいものです。もちろん、注文住宅でならばビルトインというように、あえて室内に駐車スペースを作ることも可能です。紫外線、夏場ならば直射日光による車内温度の上昇も抑えられます。また、選ぶ際にはフェンスや門まわりとの見た目のバランスも考慮しましょう。さらに、防犯性を高めるためには、車庫の門やカーゲートがおすすめです。車社会であるなら、自動開閉式にするなど、ライフスタイルと予算に合わせて設備を考えましょう。

Page Top